慶應英語全伝とは

「慶應英語全伝」は、慶應英語の過去問解説に特化した映像講義です。  

文学部・法学部・経済学部・商学部・総合政策学部・環境情報学部の過去10年分の英語一般入試過去問解説授業と、全学部共通プレセミナーである「ロジカル・リーディング プレセミナー」と「ロジカル・リーディング 木のロジック編」を、PC、スマートフォン、タブレット端末にて、オンライン受講することができます。
(*詳しい受講の仕方は「受講の流れ」をご確認ください。) 

その講師を務めるのは、東進ハイスクール・東進衛星予備校講師で慶應英語対策に定評のあった横山雅彦。 

日本広しといえど、各予備校・塾の慶應対策授業でも、参考書でも、(現在のところ)ここまで完全に慶應英語を解説しているものはなく、こと慶應英語に関しては他の受験生に圧倒的な差をつけて合格を目指すことのできる唯一無二の英語教材と言えます。

 

「慶應英語全伝」全学部共通 特典講義

■特典講義①:ロジカル・リーディングプレセミナー(全2講)

英語は、ほぼ長文読解問題で構成されています。「慶應英語全伝」では、長文読解問題へのアプローチとして、一貫して「ロジカル・リーディング」という方法論(考え方)を用います。ロジカル・リーディングは、元東進ハイスクール・東進衛星予備校講師、横山雅彦によって体系化され、「地上最強」の異名をとったリーディング・メソッドで、とりわけ早慶上智受験において、圧倒的な合格実績を誇ってきました。 「慶應英語全伝」全学部共通プレセミナーは、「慶應英語全伝」受講者の特典講座であり、2回の講義を通して、ロジカル・リーディングの代名詞である「論証責任」「同形反復」の考え方を中心に、その方法論を簡明かつ詳細に学びます。受講にあたって、ロジカル・リーディングの予備知識は一切不要です。また、発展学習として、別途、参考書や教材を購入する必要もありません。「慶應英語全伝」の各学部の講義において応用実践が行われることを前提に、ロジカル・リーディングの基礎となる理論は、この2回で完結するよう、プログラムされています。参考書やDVDで、すでにロジカル・リーディングの考え方に触れている受講者も、必ずこのプレセミナーを受講した上で、「慶應英語全伝」各学部の講義へと進んでください。

 

■特典講義②:ロジカル・リーディング「木のロジック編」 (全10講)

英語長文読解において、その「構造」=「形」には2つの種類があります。1つは、1文1文の構造(1文構造)、そしてもう1つが英文全体の構造(論理構造)です。ロジカル・リーディングでは、前者を「木のロジック」、後者を「森のロジック」と呼んでいます。言うまでもなく「森のロジック」こそ、ロジカル・リーディングの真骨頂であり、まさに他の受験生に圧倒的大差をもって勝利する原動力なのですが、それを最大限に自分のものとするためには、まず1文1文の構造をしっかり、正確に捉えることのできる「木のロジック」が身についていなければなりません。この10回の特別講義では、その「木のロジック」を徹底的に、わかりやすく解説していきます。この特別講義を通して試みるのは、みなさんがこれまで暗記事項として個々バラバラにインプットしてきた文法知識を体系化し、巨視的な座標軸を構築することです。それは、英文法という家の設計図を作るということであり、それぞれの文法項目の「役割」=「機能」 を明確にし、それらを目的(語法問題か、英作文か、読解問題か)に応じて、自由自在に使いこなせるようにする、ということです。 「文法が苦手」という人はもちろん、「文法構文は得意だ」と自負するみなさんほど、きっと知的興奮の連続であることでしょう。1回1回の講義で、何度も「目からウロコ」の体験を積み重ねるうちに、みなさんは自分がどれほど強力な武器を手に入れたか、すぐに身をもって知るはずです。

「慶應英語全伝」全学部共通プレセミナー、およびロジカル・リーディング「木のロジック編」を事前に受講することで、「慶應英語全伝」は、文字通り全方位的な慶應英語対策となります。


受講する