はじめに

彼(か)を知り己(おのれ)を知れば百戦殆(あや)うからず──。


戦に臨んで、百戦百勝するためには、まず敵を知り、己を知れ。有名な孫子の兵法です。これを受験に返していうなら、志望大学必勝の道は、まず志望大学の問題傾向を徹底的に分析することから始まります。そして、その上で己を知る──すなわち、その問題傾向に己を合わせていく。いわば「相性狙い撃ち作戦」です。

この講座の目的は、慶應義塾大学の「狙い撃ち」に他なりません。慶應文系6学部の過去問を、それぞれ10年分、徹底的に分析し、解き抜きます。よくある予備校の過去問解説のような「部分読み」や「ピンポイント解説」は、一切ありません。

この講座の最大の特徴は、原則として、すべての英文に細密な構文解説と全訳を加えた点ですが、これは、少なくとも慶應英語対策では、空前にして(現在のところ)絶後の試みといえるでしょう。映像授業でも参考書でも、ここまで完全に慶應英語を解説しているものはないと断言できます。もちろん、すべての設問に──各予備校の解答速報で答えの割れた設問にも──明快な解答の根拠を示しました。

よく、最近の入試が易化したといわれます。しかし、慶應義塾大学に関する限り、易化などとんでもないこと、むしろ難化しているといっても過言ではありません。その難関を突破するための唯一無二の聖典が、過去問です。市販されている参考書や問題集は、例外なく、どこかの大学の過去問です。それなら、自分が志望する大学の過去問を解いた方がいい。是が非でも慶應に入りたいのなら、慶應の過去問を知り、それに相性を合わせていくことです。10年分の過去問を徹底的に知り抜くなら、必ず百戦百勝の道は開けます。しかし、よほどの天才でもない限り、それを独力でできる受験生はいないでしょう。この講座は、日本でただ一つ、慶應狙い撃ちを可能にする講座です。

講義は、ロジカル・リーディングという独自の方法論を用いて行われますが、その要点はプレセミナーで詳しく解説しています。プレセミナーは、全受講者が視聴できる特典講座ですから、受講にあたって、ロジカル・リーディングの予備知識は不要です。また、同じく特典講義である「読解英文法」全10講を合わせれば、慶應英語征服に必要な文法語法、構文、長文読解すべてを、この講座だけで細大漏らさず網羅することができます。

一切の妥協もごまかしもない、ストロングスタイルの完全解説は、大変ハードなものですが、必ずや、圧倒的な大差をもって慶應義塾大学合格を果たすことができるでしょう。みなさんの健闘を、心から祈ります。
 

横山雅彦